企画展「くらしの移り変わり ー明治・大正・昭和の川崎ー」開催中!


 川崎市が生まれた100年前は現在のように家電製品を持つ家庭が少なく、手作業で家事を行っていましたが、技術の進歩により様々な家電製品が登場し、短い時間で家事をこなすことができるようになり、人々のくらしは大きく変化しました。本展では、実際に使用されていた生活道具や当時の生活が分かる映像・写真を通して、川崎市が誕生した大正時代を軸に、その前後の時代のくらしの変化について紹介します。

・会  場:川崎市大山街道ふるさと館 展示室・スロープ
・開催期間:2024年6月22日(土)~ 9月1日(日)※会期中無休
・開場時間:10:00 ~ 17:00
・観 覧 料 :無料

川崎市市民ミュージアムホームページ
https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/29637/

トップへ戻る